壱岐島の歴史が満載!一支国博物館!





壱岐島の旅_2日目。

昨夜、かねや別館で壱岐のパンフレットを片手に今日の予定を考えていると、近くに博物館を発見。
路線バスも通っていたので、最初の目的地に決定です!

続いて第2目的地は………猿岩?砲台跡?…なんだか面白そう!
バスのルートも問題なし!ってなノリで黒崎半島にこれまた即決定!
という事で2日目はこの2箇所に行ってみま~す。

宿近くのバス停(芦辺)からAM8:58発のバスに乗り込み出発。
もちろんこの日も1DAY FREE PASSを購入。
約10分で博物館に着きました。(早っ!)

「一支国博物館」は簡単に説明すると、壱岐島にて縄文時代~中近世の遺跡より出土した品々(実物)が展示されており、当時の生活や現代までの壱岐に関する歴史が詳しく紹介されています。
また、内容は壱岐だけではなく東アジアとの貿易や交流の様子なども解説してあり結構面白い所です。
壱岐の歴史を知るにはココが一番、歴史好き以外の方も楽しめると思います。

長崎,壱岐,一支国博物館オシャレな外観。

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館最上階にある展望室。

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館なんだかワクワク!

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館怖っ!!!

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館

 

長崎,壱岐,一支国博物館展望室からの眺め。

 

長崎,壱岐,一支国博物館展望室から見える原の辻遺跡。

 

感想ですが、驚いた事に博物館内の展示物は大半がケースに入っていないのです!
手を伸ばせば展示物に届いちゃう!
ということは…どうせレプリカだろう。って思っているとタイミング良くスタッフさんを発見。
聞いてみると「ほとんどは本物です。」との回答!

なんですとぉ~!!!

さらに聞いてみると、「やさしくなら触れてもOKです。」って言うじゃないですか!
展示物がこんなにオープンな博物館って珍しいと思いませんか?

見るだけと触れるのとでは実感がかなり違います。
質感や細かい装飾、そんでもって使いやすく工夫された土器の持ち手などは実際に触ってみると良く分かります。
見た目では気が付かない修復された部分も、触るとツルッとしていて「ここは修復したな!」なんて事も分かっちゃいます!

館内の所々にいるスタッフさんは質問した事にズバリ答えてくれて大変勉強になりました。(疑問も無くスッキリ!)

それでは次の目的地「黒崎半島」に向かいま~す。

 

【一支国博物館情報】
住所:長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触(つるきふれ)515番地1
TEL:0920-45-2731
観覧料金:大人1名 400円
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日休館)
駐車場:有り(無料)
開館時間:8:45~17:30(最終入館 17:00)
<備考>
・館内は撮影OKエリアとNGエリアがあるので注意下さい。(もちろんNO_FLASH!)
・入口付近に無料のコインロッカーがあるので便利。(親切なスタッフさんが教えてくれました。)



カテゴリー: Nagasaki(長崎) タグ: , , , パーマリンク