中岳登山。お・ま・け!筋湯温泉!!!

前回は中岳登山の様子をお届けしましたが、今回はその帰りに立ち寄った温泉について投稿します。

私は登山やトレッキングの帰りに、その近くの温泉で一っ風呂浴びる事が多いです。(必ずと言って良いほど。)
疲れた体を癒してくれるのはもちろん、その土地にしか無い様々な泉質に浸かると、気分もリフレッシュ!
翌日に襲って来る筋肉痛も和らいで一石二鳥です!(気のせいかな?)
登山&トレッキングの際には、楽しみにしているイベントの一つとなっています!

という訳で、この日は大分県の筋湯温泉に行きました!
なぜ筋湯温泉にしたかと言うと、なんとここには「日本一を称するうたせ湯」があるらしいのです!!!

筋湯温泉は大分県玖珠郡九重町の南部にあり、中岳登山のスタート&ゴール地点として利用した牧ノ戸_登山口から、約20分で到着します。
(筋湯温泉の住所:大分県玖珠郡九重町湯坪筋湯)

温泉街はそんなに広くはなく、徒歩でも十分に湯めぐりが出来る感じ。
2017年4月現在では、約27件の宿泊施設(ホテル&旅館)と数件の共同温泉があり、無料で利用出来る駐車場も2箇所あります。(パンフレットより抜粋)

その中から今回は、共同温泉の「うたせ大浴場」に決定!!!
筋湯温泉に到着してまずは駐車場ですが、うたせ大浴場まで徒歩3~4分位の所にある、第二駐車場を利用しました。(無料です。)
駐車場の付近は、道幅が狭くて急な上り坂になっていたので、少し注意が必要です。
車を停めて坂道を下るとすぐに目的の共同温泉に到着。

大分,登山,中岳,筋湯温泉

 

 

「日本一を称するうたせ湯_うたせ大浴場」は中々良い雰囲気!
入浴するには、まず入口の横にある販売機でコインを買います。(1枚300円で、一人につき1枚必要。)
入口には回転式のゲートがあって、投入口にコインを1枚入れるとゲートが回転して中に入れる仕組み。

ゲートを通過すると引戸があり、その向こうはすぐに脱衣所になっています。
脱衣所にはコイン式ロッカー(1回100円。)が設置してあり、そこに持ち物を全て入れる感じです。

浴場内は広めの浴槽が一つあり、その奥にうたせ湯がジャンジャン流れています!
洗い場は狭目でしたが、うたせ湯メインなので特に気になりませんでした。

洗い場で登山中の汗を洗い流し、まずは浴槽で温まります。
お湯はとてもやわらかく、すご~く気持ち良い!!!
浴槽に浸かりながら、目の前のうたせ湯を興味津々で眺めます。

どんな感じか?説明すると。
浴槽の奥側に2メートルくらいの高さから、肩幅に合わせた2本で1セット?のうたせ湯が絶え間なく落ちており、7~8人が同時に利用出来そうです。

実際にうたせ湯を体験した感想は、うたせ湯の強さと落ちてくる位置が計算されているのか?、すんげぇ~気持ち良い!!!
両肩の丁度良い場所に痛くも無く、物足りもしない絶妙さで飽きることがありません!
体勢を変える事で、肩以外に背中や足首など自分に合わせてカスタマイズが無限大!!!
入浴料が300円でこのクオリティーは大満足!!!本当にオススメします!!!

ここで補足情報です。
コイン式ロッカーがあるのでセキュリティーに関しては大丈夫(ロッカーが破壊されれば別。)だと思います。
ですが私が行ったこの日は、管理者らしき人の姿は見当たらず、タオル等の販売はしていない様子。
また、シャンプーやリンス、ドライヤーは無かったです。
土曜日の16:30位に訪れましたが、4~5名の方が入浴していて混雑する事無くゆっくり出来ました。
【入浴料金:1名/300円(コイン購入方式)】
【定休日:無休】
【営業時間:6:00~21:30】

 

 

うたせ大浴場でホッコリした後は、向かい側にあったお土産屋さんで購入したラムネを片手に周辺を散策してみると、すぐ裏手に「いこいの広場・足湯」というスポットを発見!
なんとも癒される雰囲気に包まれております!
【利用料金:無料】
【定休日:無休】
【利用時間:7:00~22:00】

大分,登山,中岳,筋湯温泉

 

 

今回は登山帰りのチョットした寄り道でしたが、”いつか泊まりで来たい温泉街リスト”に見事入りました!

筋湯温泉は日帰りでは堪能しきれない風情のあるところでした!!!

 

 

カテゴリー: Oita(大分) タグ: , , , , パーマリンク